宿探しで見つけた宿の事

素泊まりの宿探しの方法。

宿探しは、素泊まりなのか、それとも夕食・朝食付きなのかで探す条件が変わってきます。私は旅好きなので、今まで様々な宿泊施設を使用してきました。ユースホステルやライダーハウス(北海道に存在する格安で泊まれる素泊まりの宿。)や旅館、カプセルホテル、銭湯を兼ねた宿泊施設など。漫画喫茶を含めてもよいのであれば、宿探しを行ってあらゆる宿に泊まってきました。しかし、そのほとんどが素泊まりとして宿を使用してきました。ですから、今回は実体験に基づいた素泊まりの宿の探し方や要件を紹介したいと思います。

私はこれまで、素泊まりということもあり価格の安さを重視して宿探しを行ってきました。まず、今現在自分がいる場所が都市なのか田舎なのかで状況が変わってきます。都市であれば、携帯電話に搭載されている地図アプリを使用して、漫画喫茶やカプセルホテルを探します。私の場合はガラケーですが、スマホの地図アプリの方が簡単に見つけやすいと思います。お金に少し余裕があったり、カプセルホテルの一泊の料金が2500円以下であれば、カプセルホテルに泊まるようにしています。逆に、お金があまり無かったり、一泊の料金が2500円よりも高いのであれば、漫画喫茶を選ぶようにしています。この基準料金は人それぞれ違うものだと思いますので、2500円という料金にこだわる必要はありません。漫画喫茶については、宿泊施設なのか?と疑問を抱く人もいると思います。しかし、ナイトパックという言葉があるように、漫画喫茶側も泊まる人がいることを考慮して、夜間の料金を安く設定してくれているのだと思います。それに、ドリンクバーが飲み放題だったりと、なかなか嬉しいサービスも豊富です。

田舎の場合も、まずは携帯電話の地図アプリを使用します。田舎では、カプセルホテルや漫画喫茶などはありませんので、違う宿泊施設を探します。一番見つけやすいのは、旅館です。しかし、旅館は個人経営なので、一泊の価格が様々です。安い旅館も高い旅館もあります。なので、旅館の場合はその都度自分のお財布と相談して決めるように私はしてきました。ライダーハウスという、ツーリング好きな人が経営している激安の宿泊施設があります。しかし、これは今のところ北海道の田舎でしか遭遇できていません。なので、私が考えるに一番良いのは、ユースホステルを利用することだと思います。ユースホステルは元々青少年の旅を応援するという名目で設立された、格安の宿です。ユースホステルの会員になることで、安く泊まることができます。泊まれるのは、青少年だけでなく、老若男女泊まれます。ユースホステルは年々減少していますが、観光名所や田舎の方にはまだまだたくさんあるので、是非利用してみましょう。

Copyright (C)2017宿探しで見つけた宿の事.All rights reserved.